上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070623190653.jpg


 評価:☆?    考えたら負け度:80%


評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)


『あらすじ』


 とある出版社にライターとして雇われている男・自称『俺』は、編集長から「死にモドキ」とゆー謎に包まれた存在を発見し、死後の世界をルポしてこいと命令される。なくなく取材を開始することになった俺は、仕事の相棒・エンドーと合流。


 「死にモドキ」を探したが為に消息不明になったカメラマンの足取りを追っているうちにふたりは、リストカットマニアの女性・サヨコと出会う。そして、謎のチンピラ・目玉のおっちゃん、その舎弟・チョロリを従え、一度死んで蘇ることの出来る「死にモドキ」を探すことに。


『感想』


 相変わらず、三木聡監督の劇場作品は、感想が書きづらいですwつか、冒頭から「ユルさ」全開(もしくは、全壊)ユルいのに、全開ってーのも、おかしな話ですが、そんな感じです。三木監督の作品に出演するとイケメン俳優も美人女優も「変なキャラ」として、成立してしまうのがすごい。


 冒頭から美人編集長役の水野美紀に変なことやらせ過ぎ(≧▽≦)そして、主人公・俺の相棒エンドー役の松尾スズキ。ハイパー奇人な彼がまとなことを言うこともあたり前の行動することもなく、序盤からブレーキが壊れた車みたいな印象。


 物語を楽しむとゆーよりは、散りばめられた「小ネタ」と、登場人物の会話、リアクションを笑う方が正しい見方?かなwただ、劇場作品とゆーことで、下品&不道徳な部分は多々あります。たましょくの横に小学生ぐらいの男の子が居たのですが「こんな小さい子に見せて大丈夫か~!?」と余計なことを思ってしまいました。


 本編の中で、エンドーが次から次へと変なことをやるのですが、「コンタクトレンズ」は、軽く身震い(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルするぐらい、アカンだろーと。あと、あの「お好み焼き」は…更に、サヨコ(菊地凛子)までもが…あの「わさびおろし」は、ちょっとねぇ~w


 で、三木監督の作品と言えば、欠かせないのが迷コンビ!岩松了とふせえり。「カメハヤ」でのスパイ夫婦、「時効警察」の熊本さんと又来さん、ある意味でこのふたりが「三木聡監督作品」のものじゃないんでしょーか。岩松さんは、鯉のぼりアロハで、まったく怖さのないチンピラ、ふせさんは、その舎弟でやたらと声が高いチョロリ(ホント、このチョロリとゆー名前がピッタリな役)


 その他にも、あちこちに「時効警察」繋がりのキャスティングが。彼らがスクリーンに映し出されるだけで、何故か観客席から笑い声が(えぇ、たましょくも笑ってましたw)そして、まさかあんな形で「霧山」が出てくるとはね~。もしかしたら、「三日月」もどっかに出ていたのかも…w


 で、今回は、久々に舞台挨拶を拝見することに!劇場に来たのは、ヒッピーな三木聡監督、寝起きにバイクで駆けつけたキャシャーン伊勢谷、話題のバベル凛子、そして我らが又来チョロリ!じゃなくて、ふせえりさん。と、映画の主題歌を歌っているナイス橋本さん。


 三木監督、相変わらずしゃきしゃき喋れません。ちょっと俯き加減に、撮影の苦労話などをしてました。(あのお好み焼きにあんな努力が)三木監督が「ボクの作品は「脱力系」と言われてますが、撮影の時はめちゃくちゃ大変です」と、観客を脱力させるための努力を怠ってないことをアピールしてましたw


 それから主演の伊勢谷。ジーンズに白いシャツ、髪は結んでいて、顔にはサングラス。確かに、イケメンですな。寝起きで来たそーで、思うように口が回らない様子でした。それから、凛子嬢は、白とピンクのストライプのワンピース。髪は、ストレートで胸のあたりまで伸びてました(この時、たましょくは「あー貞子役と似合いそう」と思ってしまいました)アカデミー賞で騒がれていた時期を跨いでの撮影だったよーで、「わさび」のシーンは、アカデミー賞ノミネート後、だったんですねw


 で、待ちにまった「又来さん」ではなく、チョロリ役のふせえりさん。上下共に黒で統一し、髪型はおかっぱ。映画の中では、甘いモノ好きな角刈り野郎(多分、チョロリって男役だよね?)演じているのですが、実は本当に髪型を「角刈り」にしたそうです!さすがのふせさんも角刈りにした後は、お風呂に入ると時とか、ちょっぴり泣いたそーです。


 つか、ふせさんのトークが面白過ぎ!今回は舞台挨拶に来られなかった、松尾スズキ&岩松了のふたりをイジり倒して、それだけじゃモノ足りず、主演の伊勢谷にも「伊勢谷くんって、そーゆーところあるよね」を連発(この時のイントネーションは、もちろん又来さん風でしたw)最後には、チョロリの口調で「チョロリは、嬉しいでございます!」観客席、大爆笑(≧▽≦)(ブヒャヒャ!


 ナイス橋本さんは、主題歌歌っているだけなので、それほどトーク長くながったですが、作品のパイロット版を観ながら、歌詞を書き上げたそーで、登場人物たちのセリフからいくつか単語を拾ったとゆー話に、観客以上に伊勢谷さんが食い付いていて「あとでこっそり教えてくださいよ」と言ってました。


 司会進行が、三木監督に「小ネタ」をひとつ、教えて下さいと言い、それに答えたのですが、その小ネタに気付いたのが、満席&立ち見の中で、たった1人の観客のみwで、三木監督「なので、もう1度観て頂いて、そーゆー小ネタを探してみてください」と締めていました。(松尾スズキと岩松了にも会いたかったなぁ~)


20070623201729.jpg


前売り特典のミニ・プロジェクター
(暗闇で「図鑑に載ってない虫」のシルエットが浮かぶそうです)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/97-1f9be141
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。