上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.16 舞妓Haaaan!!!

20070616215112.jpg


評価:○    真のヒロインは真加…度:60%


評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)


『あらすじ』


 高校の修学旅行で、迷子になったことがきっかけで、舞妓しか愛せなくなった鬼塚公彦。社会人になり、食品メーカーに勤める傍ら、舞妓のファンサイトを運営。日々、募る舞妓への思いを滾らせ、京都支社への転勤を願い出る。


 そんな公彦に一方的にフラれる富士子。舞妓(京都)にしか興味のない元カレへの未練は、いつしか彼女までも京都へ向かわせる。念願の京都デビューを果たすも、お茶屋の「一見さんお断り」の前に夢潰えそうな公彦だが、社長の一言で俄然やる気を出すことに。


『感想』


 他にも主演張れそうな役者いっぱい居る中で、あえての阿部サダヲの起用。たましょくの中では『Mr.脇役』と言っていいほど、阿部サダヲは脇役だからこそ輝くんだと思うのですが。役としては、今まで彼がやってきた色々な役の延長線上です(古くは、IWGPの警官役など)


 純粋に不純な気持ちで、舞妓と遊ぶことしか頭にない公彦。洋服着ているより、ブリーフ一枚の方が様になっているあたりは、さすがに阿部サダヲなんでしょーかwそんな公彦の元カノの富士子役の柴咲コウ。いつもは、気の強い役が多い中で、ちょっとズレた感性を持ったOL。一体、彼女が公彦の「何処」にそんなに惹かれているのか、本編観ても分かりませんw


 そんな公彦のライバル?として登場する内藤貴一郎=ナイキ役の堤真一。ま、早い話、このふたりが京都(お茶屋)を舞台にやりたい放題するだけで映画。同じく舞妓を描いた「SAYURI」ような奥ゆかしさも、厳しさも「触り程度」で、あとは、そこそこの笑いとついていけないぐらいのハイテンション。


 驚いたのが、日テレ製作なのに、某局の映画をパロっているところ。しかも、伊東さんや生瀬さんは、あっちのオリジナルにも登場しているだけに、役者として器の大きさを感じますw(先崎部長=生瀬さんの髪型七変化は、トリックの矢部刑事に対するオマージュかっ)


 で、メインの舞妓はんたち。京野ことみ、酒井若菜がしっとりと舞妓を演じる中、注目新人の小出早織(真加出くん)が柴咲コウ以上にヒロイン役を熱演!つか、もっとお話して見せるなら、駒子のエピソードを広げた方が良かったよーな(でも、クドカン脚本だから、基本コメディなのね(;´Д`)ノ)


 笑いはありますが、大爆笑とゆーより「プッ」とか「キャハッ」とゆーレベル。あとは、比較的クールなキャラで通してきた柴咲コウのボケをどれだけ楽しめるか(ケータイのメモリーに「クドカン」って)公ちゃんに振り向いて欲しい一心で、会社の屋上で予行練習している姿は、カワイイw


 カップラーメンの話をもっとしっかり描けば、お話としてもう少しマシだったかな。つか、あのカップラーメンシステムは面白いと思ったケド、まー現実的には厳しいのかな?(でも、本当に商品化されるんですね「あんさんのラーメン」w)


 公彦にしても、ナイキにしても、あんな醜態が実際のお茶屋で許されるワケないんですが、そこは、コメディ映画とゆーことでってーことですかね。つか、あの「伏線」を考えると、序盤のナイキの行動は、一番見せちゃいけない姿だと思うのは、たましょくだけじゃないハズ(ま、そこはコメディだからと言われても…)


 あと、無駄に山田孝之とか出てきているのは、何でしょーか?「電車男」の逆で、実はこの映画を日テレで、ドラマ化する予定でもあるんでしょーか!?あと、偉大なエンターティナーだった植木等さんの遺作でもあるとゆー点は、書いておきます(素晴らしい共演させてもらったんだよ、真加出くん)


 ほろりと泣かせるエピソードがないワケではないですが、全体的に「軽い笑い」が支配してしまい、人物への愛着もそれほど沸かないままとゆー印象。でも、脇役のキムラ緑子さん、図太く公彦のフォローに回っている姿、きらいじゃないですw


 最後の舞妓姿…お世辞にも「様になってる」とは言い難いwプログラム読んだら、最後のシーンは、ミステイクの方が本編で使われたと知って、納得させられました(爆)あ、でも、駒富士と駒子の演舞は、見事でしたケドね。(個人的には、真加出くん見ていたら、また「帰ってきた時効警察」をすぐにでも見返したくなりましたw)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/95-54dfcab0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。