上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.16 ゾディアック

20070616193635.jpg


評価:○      


評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)


『あらすじ』


 1969年、ある若いカップルが何者によって死傷させられる事件が起きる。通報した人物は、自分が犯人だと名乗る。1ヶ月後、新聞社に送られた封書には、犯人からと見られる手紙と暗号が記されていた。


 犯人は、各新聞社に暗号を1面で掲載するように要求。掲載されない場合は、無差別殺人を行うと挑発。新聞社にイラストレーターとして雇われていたグレイスミスは事件に興味を持ち、記者のエイブリーや刑事のトースキーに協力を求め、犯人の正体を知るために動き出す。


『感想』


 デビッド・フィンチャーって、「エイリアン3」が監督デビュー作なんですね~(「エイリアン」好きなのに、知りませんでした←いきなり本題から逸れてます)主人公?のグレイスミス役の人って、「デイ・アフター・トゥモロー」に出てましたよね?


 新聞記者は、更に渋みの増したジョニー・デップ風、刑事は、ヤング・コロンボみたい感じ(髪型とかね)で、すっごく長く感じました。実際、2時間半ある映画ですが、3時間ぐらいに感じます。寝はしませんでしたが、正直、全編通して集中しては観てないかも。


 んー雰囲気作りはばっちりなんですが、物語に起伏とゆーか、メリハリがないよーな気がします。淡々とし過ぎているとゆーか、犯人が送りつけてくる「暗号」を解く過程も時間があるわりには、あっさりしていたり、殺人シーンでも、ちょっと犯人にシルエットを見せ過ぎかと(あの覆面姿は、どーかと思うよ、実際)


 実際にアメリカで起きた事件を元に作られた映画とのことです。事件自体は、未解決な上に、もっとも容疑者に近かった人物は、病死。謎は謎のままです。なんか、ちょっと上手いこと書けないです(上手く書けたことがあったのかと、自分に問いたい)


 ホント、もぉ「長い」とゆー印象しかないんですよ。「面白い」とか「つまらない」とゆー印象よりも、そっちの方が強い。最近、映画のレビューが「おざなり」がちになっていて申し訳ないです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/94-6728fff6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。