上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070526235056.jpg


評価:★(シリーズ通した上で)    偉大なる航路度:90%


評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)


『あらすじ』


 デイヴィ・ジョーンズにより、「海の墓場」へと囚われたジャックとブラック・パール号を現世に取り戻すために、ジャックの宿敵・バルボッサと手を組んだウィルとエリザベスは、シンガポールの海賊を牛耳るサオ・フェンに協力を求めるために彼の元を訪れる。


 一方、デイヴィ・ジョーンズの「心臓」を手に入れた東インド貿易のベケット卿は、デイヴィと彼の船・フライング・ダッチマン号を手中に収め、海賊の殲滅を着々に進める。海賊の時代を終わらせようとするベケットと対峙するべく、「世界の果て」に囚われたジャック・スパロウが最後の戦いへと動き出す。


『感想』


 実は、意外なことにこのシリーズを劇場で観賞するのは、この作品がはじめて(爆)1作目の時は、それほど注目しておらず(後にDVDで観賞)、2作目は劇場で観たかったケド、金欠で断念(こちらも、DVDでチェック)やっと、劇場観賞できたと思ったら、完結編Σ(゜口゜!!)


 今回は友人と観に行ったのですが、「ジャック・スパロウを演じることの出来る俳優は、世界中でジョニー・デップしかいない!」と興奮気味に語る友人(彼は、このシリーズ大好き)確かに、その意見に賛成♪


 さて、前作でタコ助相手に奮闘するも、仲間の裏切り?で「世界の果て」に引きずり込まれてしまったジャック。開始30分過ぎぐらいまで出てきませんwカリビアンな世界から、アジアンなシンガポールで蒸気たっぷりエリザベスのシャツ姿に魅入ってましたw(今回、エイリザベスの7変化が見物です)


 で、やっと出てきたジャック・スパロウ。あのぉ~「精神世界?」ひょっとしたら…あの映画へのオマージュなんでしょーか?そう、今から2年前、たましょくを劇場で奈落の底に突き落とした「エイリアンVS●ァッネッサ・パ●ディン」絶対そーだよね!?まっさきにあの映画のラストシーンを思い出したよ!まさか、世界的に注目を集めている「ワールド・エンド」の中で、あの映画に対するオマージュが織り込まれているなんて(ま、ジョニー・デップの「遊び心」だったんでしょーかw)


 で、新しいキーワードとして「9人の海賊長」とか「海の女神・カリプソ」とか、出てきます。そして、今作から登場したサオ・フェン(チョウ・ユンファ)さぞかし、活躍してくてると思ってました(だって、バルボッサが恐れるぐらいの海賊ですよ)しかし、何故にアジアンな役者がハリウッドに出ると大作であっても扱いが…(あんなにヤラれ方するとは思ってもみませんでした)


 それ以上に驚かされたのが「海賊王にワタシはなるッ!」Σ(゜口゜!!)おっと、誰が海賊王になったのかは言えませんが、このセリフからお察し下さい。つか、あの衣装もキマってます!1作目で、単なる「お嬢様」だったとは、思えないくらいに威厳があります。(ほぼ、ネタバレしてます)


 つか、そー言えば…バルボッサって、元々はジャックの部下だったんですよね?今作観ていると元々「同等」か「それ以上」に思えるぐらい、海賊の船長としてオーラを放ってます。むしろ、ジャックの方が部下だったとゆー設定の方がすんなり頭に入ってきます(望遠鏡のシーンとかw)


 さて、そのお嬢様も今回は、重要な役割を任されるワケですが、一方で今まで脇役に徹していたとある人物の「謎」が明かされます。前作のラストの流れからすとそれも「自然」なんでしょーが、まさか、あんな「力」持っていたとは!先週は「リーピング」でイナゴ地獄でしたが、今回は「パイレーツ」でカニ地獄!つまのあの人物は、どっちにも「力」を貸さなかったと解釈したのですが。(自分を「封じたヤツら」と「裏切ったヤツ」に対してですね)つか、あの姿のまま、あんなことになるなんてね。


 今回、哀しいシーンもありましたね~。「世界の果て」でエリザベスが出会ってしまったある人物。その直前からの登場人物の会話が物語っていただけに、あの哀しい邂逅は切なかった。そして、エリザベスには、また一つ「哀しい別れ」が。いや、あの人も前作、前々作と身分の変動が激しいながらも、愛する女性のために最後は人としての道を貫いと。(彼の命を奪ったのが、「あの人」とゆーのも、運命のいたずらですね)


 そして、クライマックス!これぞ「海賊映画じゃ!」と言わんばかりの大大大迫力!こんなこと言っちゃなんですが、海賊王が凄い猛者っぷりを発揮!もちろん、ジャックとタコ助(デイヴィ)の因縁の戦いも壮絶ですが、あの激しい戦闘の中で行われる「結婚式」は、インパクト大(個人的には、バルボッサの心意気がすごく気に入りました)


 アレに刃が刺さった瞬間、3人で握っていたのが印象的でした。まさに、3人で勝ち取った勝利。そして、長き呪縛から解き放たれたターナー親子の姿には、ジンワリさせられちゃいました。世界は平穏を取り戻し、ウィルとエイザベスは、互いの運命を受け入れ、ジャックは何者も縛られない海賊とゆー生き方を謳歌してゆくんでしょーね。(父ちゃん役のキース・リチャーズもかなりハマっていたし、貫禄ありあり)


 続編の望む声は多いと思いますが、たましょく的にはこれで見事に終わってくれたと思います。続編&スピンオフを作ることは出来ると思いますが、1作目で沈みかけた船で登場したジャックは、再び小舟で大海原に旅立ってゆく姿を見ながら、「有終の美」と感じました。(あのふたりの●後も良かったですが、まったく老けてないのはおかしい(特にエリザベスw))


 劇場に入る時に、一枚の紙をもらい「観賞後にご覧下さい」と書かれていたので、友人と観賞後にその紙を読みながら「えー!あのシーンであーだったんだ!えー!あのアイテムは、そーだったんだ!」と伏線の数々に感服しました。つか、やっぱ通してもう1度観たい!


20070527005932.jpg


 地元の「トイザらス」で発見したパイレーツスカルヘッドの装飾。この写真では伝わりにくいですが、この装飾かなりデカいです。縦が1メートル20㎝ぐらいある代物。しかも、かなり出来がいい。あと目のところも赤く点滅します。また、サービスカウンターの脇には「ジャック・スパロウ等身大人形」も置かれていたのですが、そちらは土日限定「先着20名様、写真撮影可」と書かれてましたw(人形なのに先着20名って…w)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/88-3a679a03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。