上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070501171306.jpg


 評価:◎      ご利用は計画的に:80%


評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)


『あらすじ』


 ドック・オクとの戦いを経て、すっかりニューヨーク市民に認められたスパイダーマン。ピーター自身もMJとの仲を深める。しかし、そんなピーターに復讐心を滾らせるハリーは、ニュー・ゴブリンとしてピーターに戦いを挑む。


 時を同じくして、ピーターの叔父を殺害した真犯人・マルコが脱獄。ある実験場に足を踏み入れたことで体を砂化させることの出来る能力を得る。そして、宇宙から飛来しら謎の生命体までもがスパイダーマンに忍び寄る。


『感想』


 アクション?ラブコメ?いや、実はサスペンスだったw公開前から見飽きたと言いたくなるほど予告を見てしまいましたが、史上最高額の制作費を投じた三作目。すっかり英雄気取りなスパイダーマンの鼻っ柱をいかにして折るか。


 今回の見所は、「イトイトの実」の蜘蛛人間VS「スナスナの実」の砂人間VSサイボーグ?VS謎の生命体(実写版ワンピースみたいです)。戦闘シーンのあとは、ピーターとMJの恋愛がこじれたり、修復したりとややテンポの悪さを感じる部分も。


 ブラック・スパイダーマンになったピーターが増長する様とか滑稽さとモノ哀しさがうまーく表現されていましたが、1作品に3体も敵キャラを出すとゆーのは、昔のゴジラ映画並の豪華さ。ニュー・ゴブリン、序盤はちょっと「え~」と思うよーな展開でしたが…クライマックスは、なかなか。


 それから砂人間は、やっぱアレに弱いんですね。つか、どこまで巨大化するんだか。どーせなら、マシュマロマンと戦って欲しいと心の片隅でまったく関係ないことを考えてました。で、ブラック・スパイダーマンから分離した「ヴェノム」。ピーターがクライマックスでひらめいたアレは、なかなか良かった。


 そして、哀しき復讐者のハリー(ニュー・ゴブリン)。ピーターとの1回戦で一時的な記憶喪失にまでなってしまって、すっかり復讐心まで失われてしまいましたが…(ピーターがそれで全て丸く収まったよーな顔をしていたのが納得いきませんが)クライマックスは、とにかく魅せてくれます。サイボーグ(フランキー)の弱点と言えば…


 戦いと恋愛を交合に見せながら、叔父を殺した真犯人は誰だったのかとゆーところまで盛り込んでます。つか、なんといい加減な捜査してるんだか(そりゃ、ピーターも怒る)内容は、てんこ盛りですが、「絶賛」には及ばず。ところで、あの爆発で「彼」は、木っ端微塵?あと、教授の手元にもまだあるよーな…


20070501180138.jpg


気付けば、前売り特典もけっこーな数に…

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/83-3d835a21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。