上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070311203948.jpg


評価:○  ジュマンジ度:50%


評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)


『あらすじ』


 仕事をしても長続きせず、せっかくの事業も頓挫し、妻には離婚され、愛する息子すらも自分から遠ざかっていってしまうラリー。なんとか息子の気持ちを自分に向けさせようとハローワークに行き、なんとか就職口を紹介される。


 ラリーは、ニューヨークの自然史博物館で夜警の仕事を任されることに。ベテラン警備員たちから渡された「マニュアル」を片手に夜の博物館で気ままに警備をしていると…エントランスホールに飾られていたハズのティラノザウルスの骨格標本がなくなり、ラリーはこの世のものとは思えない光景を目にすることに。


『感想』


 まぁ、ロビン・ウィリアムスが出演している時点で「ジュマンジ」っぽいとゆーことはなんとなく分かっていましたが…実は、三部作(「ジュマンジ」「ザスーラ」「ナイトミュージアム」)なんじゃないかと思いましたが、特に繋がりはないみたいですw


 のっけからティラノザウルスが大暴れ!かと思いきや、意外と性格が犬だったのには笑ったw骨追われ、猿にからかわれ、散々なラリーですが、偉大なるアメリカ大統領・ルーズベルトに助けもあってなんとか一晩を終える。


 えーと…すいません。書くことがない(汗)いや、それなりに楽しめますが、父親と息子の絆が試される映画なのかとも思っていたのですが、そーゆーのもあまりなく。展示物が夜な夜な動き出すのも、エジプトの石版の力とゆー、なんとも大雑把。ラリーとデクスターのどつき漫才はそれなりに笑えます。(なんで、モアイがガムを…)


 実は悪党だったベテラン警備員たち(この3人、見ていると「スリーアミーゴス」が…)あ、あと2日目の夜、ラリーが動き出す展示物対策するところでかかる音楽「サラリーマン・NEO」でした。あっちでは、宝田明が警備員に格好してたなぁ~(もはや、感想じゃなくなってます)


 なんで、直射日光を浴びると砂になってしまうのか、どーしても腑に落ちない。あと、気を抜くとラリーが若い寺島進に見えてしまいます。ベテラン警備員の逃走劇の被害に遭いそうになったサカジャウィアを助けたルーズベルトのエピソードは良かった(あのシーン、どーしてもビショップを想起しちゃいました)NYを駆け巡るボーンTレックスは、ロストワールドへのオマージュ?


 博物館の案内係をしているレベッカ。誰かに似ているなぁ~と思いながらも結局最後まで誰に似ているのか思い出せず、内容もどんちゃん騒ぎで終わってしまったことと合わせて消化不良気味。あ、でも最後にラリーがあの「スイッチ」を懐中電灯に付けていたのは、小ネタとしてウケましたw


20070311211053.jpg


前売り特典はボーンTレックスの光って動くフィギア
(ちゃんとゼンマイで動きます)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/74-c55d5a7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。