上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 田中ちゃんのクビがかかった一世一代の「花園ゆり子サイン会」お願い。公の場に出ることの出来ない片岡4兄弟は、悩む。三男の「修兄みたいなのが花園ゆり子だったら、幻滅だよ!オレだったら、もぉ漫画読まない!」それに便乗するよーに四男「それは分かるケド…」ヲイヲイ、身内からボロクソ言われてしまう次男(今回も掴みはOKですね♪)


 断ったものの、花園ゆり子(片岡4兄弟)と田中ちゃんは切っても切れない関係。彼らがまだ少女漫画を描く前、ボロアパートで少年漫画を描いていた事実Σ(゜口゜!!)すっげー夢に向かって邁進している姿見ただけで、ちょっとホロリとしてきます。なんとか編集部に書き上げた漫画を持ち込むも、「つまらない」と一言(オレは、すっげー読みたいよ「オーロラの侍」!!)


 屋台で愚痴る長男と次男。おぉ、実は長男は油絵画家志望だったんだね~。編集部でたまたま彼らのやりとりを聞いた当時(7年前の)田中ちゃん。次男に「天才ってーのはな、その才能を見抜く人間が現れて、はじめて「天才」って呼ばれるんだよ」くー田中ちゃん、7年前からいいこと言ってるんじゃん!ここから片岡4兄弟と田中ちゃんの関係が築かれてゆくワケか。(田中ちゃん、花園ゆり子の作品を読み終わった瞬間の言葉に涙゚・(つД`)・゚)


 なんとか田中ちゃんを救ってあげたいと奮起した4兄弟!その為に犠牲になるのは…やっぱりガッサン♪つか、編集長、感じ悪過ぎだろ(あんなものなのかな?w)次男「緊急会議を開く!ただちに集結せよ!!」こーゆー役は、全部次男担当なんだw4兄弟、妥協しまくって、ガッサンを花園ゆり子に仕立てることに。花園ゆり子のイメージは「知的で憂いを帯びている」らしい(ガッサンに無いものだらけw)しかし、ガッサンも「新連載」をチラつかされたら…


 さて、4兄弟による「花嫁修業」じゃなくて「花園修行」開始♪一方で、石仏見学ツアーに行くことになった川村。「花園町」とゆー地名に過剰反応wガッサンの絵心の無さ天下一品(≧▽≦)(ブヒャヒャ! マジで言われるまで何の生物なのかわからなかった~。(4兄弟「シマウマッΣ(゜口゜!!)」)小料理屋でのやりとり、演技とゆーよりは素っぽいのがいい。コケた三男に対して次男が小さい声で「んだ、コラァ」と言ってるのがツボw


 さて、長男に恋してしまった謎の少女。名前「美鈴」ってゆーんですねw何かの思惑があってか、長男の友人の元を訪れる。一方で、その美鈴の彼氏?は、四男を呼び止めて、色々と質問するも既に敗北宣言!?ポイントだったのは、いつになく饒舌な四男にちょっと驚き。


 サイン会が行われる町に向かう4兄弟と田中ちゃんとガッサン。ニセ花園ゆり子になったガッサン、本物の花園ゆり子(4兄弟)は、アシスタントとして同席。扱いがとにかく酷いですw石仏見学ツアーのバスガイドをやらされちゃう川村。ヨイショされまくるガッサン、ここぞとばかりに調子に乗りまくる。


 サイン会を控えた舞台裏で、ガッサン、花園ゆり子ファンの女の子にサインと握手を求められ、騙していることに罪の意識が。それを目ざとく見抜く長男。直前になって断ろうとするガッサンが原因でまたもやもめる4兄弟(なんだよ「酔拳」ってw)。サイン会は、田中ちゃんを救うため?ファンのため?ガッサン、スタッフに連れ出されて表舞台に。


 ファン?を前に自分が花園ゆり子じゃないことを暴露するガッサン。編集者である前にひとりの人間として、多くの人間を騙すことは出来ないとゆー選択は誉めたい!それをすかさずフォローする長男!4兄弟の長男として、土下座までして謝罪する姿勢。そして見事な「プレゼント」♪長男の機転が幸いする。ファンの女の子のマニアックな質問に長男たじたじw


 さてさて、さすがの川村も今回の件で、片岡4兄弟が花園ゆり子であることに気付く!?田中ちゃんとの距離は未だ近づかない。そして、またもや長男と三男で、ガッサンを巡る三角関係か。暴露したことを謝罪するガッサンに対して長男の「ありがとう」いい締め方だ♪

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/58-1c7fc48d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。