上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 うわぁ、始まって早々、大川無念の死。最後の最後まで鉄平の夢を応援する言葉に、血よりも濃い「親子愛」を感じました。大川の思いを引き継ぐべく、情報をリークした人物の特定をしよーとする鉄平。


 さて、そのリークさせた張本人の大介。大川の葬儀の席に参列するも…大恩人の大川の葬儀よりもご機嫌取りの接待ゴルフを優先、許せんヽ(`Д´)ノニャロー!そのことがバレて、早苗に一応謝るも、どーせ心の中は「阪神銀行」の存続のことしか考えてねーだろ。


 ところで、相子って、どーしてあんにも「閨閥(人脈)」に精通しているんだろーか?そして、一度、結婚に失敗しているとゆー過去。毎回毎回、鉄平らに冷酷な言葉責めをする裏には、妾としての道を選んだ覚悟があるんだろーか。


 華麗な一族入りした、万樹子。相子の不貞不貞しさや万俵家での地位を探る(好奇心から)、大介の寝室に。そこで見たモノは…Σ(゜口゜!!)ま、視聴者はとっくに見ているので驚きませんが、あんな部屋で寝なきゃいけない寧子の心境って…


 父親を失った早苗は心労をあるだろーに、そこに相子の更なる攻(口)撃。自分(相子)を疎むとただじゃおかないわよ!とゆー圧力を。相子って、口も悪いんだろーが、それ以上に「攻撃的な」な性格が色々なモノを凌駕しちゃっているんだろーな。


 で、遂にリークの張本人を知ることになる鉄平。美馬の妻・一子(鉄平の妹)のチクり発覚。大介と美馬は、情報が鉄平の耳に入ったことを知っても、慌てる素振りもなく平静を装うも、ことの顛末を知った鉄平は、元旦の「雉撃ち」で大介に詰め寄ろうとする。


 雉を撃ちそこなった鉄平…最初は「大介を撃ち殺した」とゆー負の感情が見せた「幻」かと思ったのですが、マジで当たっちゃったんですね(;´Д`)ノいやぁ~こうなると鉄平と大介の関係は修復不可能ですね。睨み合いが続く中、早苗の閨閥が途絶え、相子の次のターゲットは、二子に。


 んで、大川がなんとか守ってくれた「阪神特殊製鋼」にも不穏な影が!はたして、鉄平は実の父の愚行を正し、阪神特殊製鋼の建て直しをすることが出来るのか!?それにしても、ホント展開が遅いドラマです(爆)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/57-f8d5a5bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。