上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070210154954.jpg


評価:○  ケダモノ度:35%


映画表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)


『あらすじ』


 2007年、母親を突然亡くした田中真弓は、その悲しみに暮れる暇もなく元カレが作った借金の肩代わりをさせられ借金取りに追われるハメに。そんな真弓に接触してきたのは、財務省の役人・下川路だった。


 母親は亡くなってのではなく、ある実験中に洗濯機がタイムマシンになったことを知り、混迷した日本経済を救う為にバブル期へと旅立ったことを知らされる真弓。目測で適任者と判断された真弓は、母親を捜し出し、バブル崩壊を阻止する任務を与えられることに。


『感想』


 その年の新しい硬貨を手にすると「ちょっとだけ嬉しい」感があったりするもんですが、それでもお香典まで奪われ、借りた500円もしっかり借金に加算されちゃう、そんな哀しいフリーター・田中真弓。広末さん、金髪似合わないですねw


 あ~開発ってゆーか、事故じゃん!?なんで、YahooのTシャツだったんだか…協賛か!んなー都合良く、バブル期(あ~洗濯機→泡→バブル期なのね!)に行くのかよ。靴下の色落ちよりももっと色々試せよ!と。広末の水着姿、目測で見る限りは色気が…


 1990年にタイムスリップした真弓、2007年と同じ場所で過去の同じ人物・田島に追われるとゆーシチュエーションは、面白かったwすいません、たましょく、スポーツ関連に凄く疎いので「ドーハの悲劇」が、どんな悲劇なのか知りません(;´Д`)ノ昔の飯島愛って、今で言えば「こりん星人」に近いキャラだったよーな。あと、飯島直子って缶コーヒーのCMでブレイクでしたっけ?


 90年の音楽の大量放出!プリプリのダイヤモンド、ホントいい曲だよね~。妙にバブル期と合っているなぁ~。あと、洋楽とか「あ~曲名も歌っている人も知らないケド、知ってる知ってる」とゆーのがオンパレード♪真弓のダンスなかなか様になっていたと思います(アレを見ていたら「猟奇的な彼女」のダンスシーンを思い出しました)


 頭を掻いても雲脂(←フケってこーゆー字なんだw)が出てこないのも、親子の遺伝!?危うく映画のタイトルが「ワタシは娘に恋をする」になりかけたケド、さすがのケダモノ・下川路も実の娘には手が出せないw(「あんたに言われたくねー」は良かった)


 100円硬貨の使い方が一番好きだったなぁ~。あと、17年前…広末はクレアラシルのCMやる前か?広末、ポケベルのCMもやってたよーな(じゃ、広末もバブルタレントなのか?)バブルの時は、義務教育の前後だったと思うのですが、1990年って、こんな煌びやかな時代とゆー印象はないですね(その頃の六本木なんざ知らないしー)


 もっとタイムマシンを有効活用すれば面白くなるのに、単なる移動手段かよ!目的は小規模でも「タイムマシンブルース」のよーな見事なタイムパラドックスを見せて欲しかったところだが、小手先の「笑い」で済ませてしまっているあたりがとても残念。下川路の名セリフ「効くねぇ~」は、どんな女性に殴られても言うあたりは個人的にツボでしたがw


 後半(宴の席)あたりからは、半分開き直りのよーな展開?一部の人間たちが私腹を肥やすために…ま、実際にそーゆーこともあるのかな。でも、芸者刑事(必殺仕事人)は、良かったケド…このシーンで大事なアイテムの顛末をちゃんと描いてないのは致命的(例の写真も撮れるマッサージ機ねw)扇風機と掃除機…そんな昔に完成してたのかよっ!


 あのラストシーン、もしあんなことになちゃったら「レインボーブリッジ」の封鎖、どんだけ大変なんだよ!wそれにやっぱ1990年に水没したアレが、実は小型軽量化の一因だったとゆー「ターミネーター」みたいなオチでもあれば良かったが、最後は薬師丸ひろ子による注意ナレーションで終わってしまいました。それに主題歌もサディスティックミカバンドの「タイムマシンにおねがい」にしてくれた方が良かったよーな。


 つか、この映画のプログラムに意外な人の対談が!いや、意外じゃないかwへー「ミュージックレスキュー」が出来た過程には、バブル期のレコード店の店長が深く関わっていたのかぁ~。あのコーナーがけっこー好きなだけに本編とは関係ないところに反応しちゃいました。(とことん何の話をしているのか伝わらず、申し訳ありません)


 配役は、バブル期の阿部ちゃんが良かったwあと、救われた未来でも田島の髪の毛は、寂しくなっちゃうのね。薫がマイクをおでこにぶつけるのは特に深い意味ないのね(残念です)真理子は、老けてないと思うのだが(たましょくだけかな?)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/55-ece3d91b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。