上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ふだん、時代劇?は見ません。今回は、たまたまチェックしてみたのですが…コレがなかなか面白い!たましょく、歴史上の人物に関しては人並み以上に疎いんですが、明智光秀って、あんなにいい人だったんですね~(お寺の焼き討ちは…)  唐沢、谷原、大泉の3人は「小早川伸木」組ですねw大泉洋がこんなにも時代劇に馴染むもんかと驚かされました(なかなか渋い役だし)。明智光秀の妻・ひろ子を演じたのは長澤まさみ。ん?ひろ子=長澤まさみってーことは、ひょっとして「セーラー服と機関銃」を意識して?しかも、仇役だった浜口組の組長も信長の家臣で登場w  金柑(光秀)と猿(秀吉)の複雑な友情物語ってーゆー感じでしたかね。信長が天下統一から海外に目を向けてしまうことで、危機感を募らせる光秀があえて「憎まれ役」を買って出るあたりは、なかなかジーンとさせられました。  信長役の上川隆也なかなか様になっていました。特に南蛮モノのマントを羽織っている姿、良かったです。洞察力と気性の荒さがうまーく描かれていたかと。  時代劇もたまに見ると面白いなぁ~と思いました。信長の命で、焼き討ちを遂行しなければならない光秀が逃げ惑う人々を見て、一瞬固まってしまうところ。アレが光秀が信長に対する絶対的な忠誠を揺らがせたのかなぁ~と思ったり。  石坂浩二のナレーションだったので、一瞬「渡鬼?」と思ってしまったのは、間違いなく自分だけでしょーかねw(あと、猿に「お」は付けちゃいけないらしいw)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/5-dee4fc10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。