上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 元首相のインタビューの最中でも食欲が勝るあたり、さすが山田じゃなく君子(だめだ、どーしても山田に見えちゃう)元首相の名前が『福部純一』なんだか、前・現首相の名前が混じってますなぁ~つか、大滝秀治 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!大滝翁、まだまだお元気そーで何よりです♪そして、そんな元首相が書いた本のタイトルが「新しい国へ」w(「美しい」を書いた人は、今大変みたいだがね~)


 今度は、田舎で「町長選挙」をやることになり、またもや駆り出される君子。なんとか断りかけるも…「寿司」とゆー響きの前に負ける。君子曰く「時々、自分の食欲が憎くなる」らしいwつか、その前に磯次郎が電話している段階で、相手が誰か見抜けよ!


 アメリカ帰りの元銀行マンで磯次郎の叔父である「げんのすけ」。趣味も口も悪い?上のダジャレのセンスも(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルしかし、そんな寒~いダジャレにひとりウケる磯次郎。ホント、コイツは幸せ者だよな~(≧▽≦)(ブヒャヒャ!


 冒頭の元首相へのインタビューが仇となり、町長選挙で「元首相の親しい友人」とゆー勘違いなポジションで選挙カーのウグイス嬢をやることになった君子。珍しく磯次郎がかばい立てするかと思いきや、またもや的はずれな発言。「ボクも一緒にやるよ♪」やっぱ、バカやw


 結局、寿司を食えないままウグイス嬢だけやらされた君子。山本家の親族が飲んでいる間に東京に帰ろうとするところで、磯次郎が君子に協力的!?そんな磯次郎の心遣いに、君子も誠意を見せるところ、夫婦として一歩成長したかな。


 気合いを入れて選挙活動に協力するも「げんのすけ」の人気なさ過ぎw支援者を募るも同級生は、誰も相手にしよーとしない。君子も開き直って、本当のことをズケズケ言うが…何をやっても「おいしいモノ」にありつけない君子、頭に巻いていたハチマキをゴミ箱に一度は捨てるも…姑が思いを込めて縫っていたことを知り、考えを改める。


 もうひとりの候補者と町中で鉢合わせるシーン、その候補者が踏んづけた「ハチマキ」を見て、君子がもの申すところ、けっこー泣けました゚・(つД`)・゚「そのハチマキだけは、笑うな!」本人も気付かない内に山本家の人間としての自覚が芽生えてきた!?そして、山本家は一致団結して選挙に臨むも…


 完敗してしまったげんのすけだが、選挙よりも大事なモノを取り戻せて一件落着。しかし、そんなげんのすけ、次回の町長選挙の候補者と君子を指名!元首相と撮った写真に写り込んでいた額縁の文字がうまいこと「伏線」になってたなぁ~。今回は、しきたりではなく君子が山本家に一歩近づけたよーなエピソードでした♪

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/47-c8dce455
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。