上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 途中までは、悪くなかった。話の方向として森(加藤あい)が、本来の業務からかけ離れた正社員の雑務(お使い)を押しつけられ、板挟み状態に陥って、コーヒーサーバー破損の件も絡んでまたもや責任問題にでも発展するのかと思っていましたが…


 「ホッチキス対決」って、何だよ?東海林(大泉)の傲慢さに大前春子なりのやり方で「チクリ」と目を覚まさせるのかと期待していたのに、「ホッチキス対決」って何だよ?(2回目)。大前が負ければ「謝罪」(東海林に)、東海林が負ければ丸刈り。100歩譲ってその対決はOKだとして、その対決の時にふたりの後にいた外野はなんだ?フツーの業務時間にどれだけの人間が仕事サボってんだよ!


 大前春子が、「仕事に誇りを持っている」とゆー表現の仕方は悪くなかった。「プライドが高い」んじゃないとゆーこと。あと、デパ地下のエピソードで「売り場面積を10倍に拡大」って…ありえないよ~。無茶苦茶だ。


 「正社員さん」「おまえ」と呼び合っていた大前春子と東海林が対決後、エレベーターの中で呼び方を改めたのは良かったケド。そして、東海林も大前春子の人間の底知れない能力に気付きはじめるところとかね。ただ、もっと「のめり込める」お話なのかと思っていただけに、やや拍子抜け。そして、未だあまり触れられないフラメンコ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/29-b4cbe115
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。