上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 かつて自分たちを生み出したタイタンを滅ぼした神々。ゼウスを筆頭に人間を
創造するも、人間たちは神の傲慢さに反旗を翻す。


 「タイタンの戦い」と言えば、テレ東のお昼によく放送されていたアレですね。
クリーチャーが人形で表現されていて、印象的にカクカク動く。あれはあれで、
けっこー好きですが、21世紀の「タイタンの戦い」は、ド迫力!

 物語は、王道中の王道。神と人間に間に産まれたペルセウスが人間として、
神に挑む。CMなんかでは、巨大クリーチャー「クラーケン」が目玉っぽく感じま
すがたましょく的には、メデューサ戦こそが見物だと。

 素早い動きと細やかな描写、見たモノを石にする厄介さ。それと、ハデスの登場
シーンがカッコイイ!黒煙を纏って、黒い翼のよーにそれが形作られたり。気にな
った点は、ペルセウスの仲間たちが大雑把で愛着がイマイチ沸かないw

 そんな中、異形の姿をしながら、人間以上にいい働きをしていたのがジン(元人
間?)特撮戦隊モノに出てきそーな感じしたケド、頼もしいヤツです。あ、そう言え
ば序盤の方で、なんか懐かしいモノが登場してたなー。


 ゼウスは、自分の下に人を造って、兄との仲違いが騒動の


 評価:☆                  神でも人間でも我が子は、我が子度:81%

 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。