上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 19才になったアリス・キングスレーは、貴族の社交会で求婚されるが、返事をせずに
古びた木の根本にぽっかり空いた穴へと転落。そこで見た風景とは…


 世界的に有名な「不思議の国のアリス」ですが…まったくもってお恥ずかしい話、あん
まり内容知らないですwなので、なんの知識もないまま観に行った次第です。

 正気のまま、あんな世界に放り込まれた割にアリスの戸惑いがあまり感じられず、そ
の世界を一度訪れていることがそーさせているのか。やたらと嫌われている赤の女王は
「首をハネなさい!」と叫ぶケド、それほど残忍性を感じない。

 アリスを導く存在「マッド・ハッター」。帽子屋なのか、世界の均衡を保とうする輩なのか、
はたまた白の女王の密偵か。で、その白の女王。もっとダークに描けるなら、こっちこそ、
姉以上に独裁者であって欲しかったケド。(猫を被っている的なw)

 観ていて、「ラビリンス」を思い出したんだケド、なんとなく世界観が似てる?あっちでも、
芋虫出てきたなー。全体的には、思ったほど“ワンダー”さを感じなかった。何より一番活
躍したのが猫だもんなー(ぇ。クライマックスは、もっと盛り上げて欲しかった…


 現実の事象と非現実の出来事は、表裏一体ってことで


 評価:◎                         アリっスか?ナシっスか?度:67%


 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。