上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 結婚相手の親に束縛されない都会での優雅な生活を夢見ていた君子。呑気でお調子者の磯次郎に連れられて、彼の実家を訪れると…。まず、仲間由紀恵のキャラが「山田」とカブってます(テレ朝では、やはりこんな感じのキャラなのね)


 山本家との初対面のシーン、「犬神家」をパロってるのか?w磯次郎のいい加減な説明で君子には妙な期待がかけられるハメに。田舎の家の「しきたり」って、外者には煩わしく感じること多々あると思います。で、そーゆーのを大事にするからこそ「伝統」は守られる!?


 ご近所挨拶で登場したのは、懐かしき山田里見じゃなかった野際陽子さん。しきたりを嫌う一方で、頼まれたことは断れない君子。安請け合いが仇となって、パンク!磯次郎、君子が追い詰められても、あまり深刻になってなかったケド、さすがに披露宴当日に逃げられて、多少?は、改心したか(でも、結局あまり分かっちゃいないw)駅のホームで「親は選べない」と泣き出す磯次郎につい同情。


 磯次郎の妹が君子に「磯兄をよろしくネ」(トリック2…)人体模型の名前がシューベルトってw実の母親から「ドブ」呼ばわりされる君子(貧乳ネタの次は、ドブかよ)でも、着物姿すっげー似合ってます(さすが大奥女優)


 なんとか始まった披露宴の席で、親戚一同の前でキレかかった君子に代わって「妻は、ボクの唯一の自慢です」と言い切った磯次郎にちょっと感動。基本、磯次郎は口ばっかだけっど、みんなに笑っていて欲しいんだな。姑の松坂慶子も嫌味な感じがなくて好感が持てる。「うん」しか言わない本田博太郎も絶妙な存在感。


 思っていた以上に面白かったです。仲間由紀恵も篠原涼子同様にシリアスな役からコメディな役まで幅広く演じることが出来ますからね~。見続けこと決定!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/16-af8ba193
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。