上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題の私たち-1

 評価:☆            解決力度:80%

 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)

 『あらすじ』

 とある女子中学校で繰り返されるいじめ。リーダー格の笹岡澪は、「不快感への正当防衛」とゆー言葉を使って、いじめを躊躇することなくクラスメイトの塩崎マリアに対して行う。そんなある日、澪のクラスに転校生・麻綺が来ることによって、澪の周囲は、がらりと一変する。

 掌を返したように周囲の友人たちは、麻綺とつるみ始め、いじめの矛先は澪へと向けられる。思ってもみなかったことに友人を失った損失感といじめを知った澪は、孤立してゆく。エスカレートしてゆくいじめの中、澪は校舎の屋上のフェンスを乗り越えようとするが、そんな澪を救ったのは、かつて自分がいじめていたマリアだった。

 『感想』

  これが、噂に名高い「沢尻会」の実態ですか…(違う)いやいや、昨年放送された「ライフ」張りに壮絶なはじまり方に、口あんぐりしてしまいました。主演には、ケータイ刑事の黒川芽以。転校生の麻綺に沢尻エリカ。いじめを経験しながらも、争わない姿勢を貫き通す女生徒・マリアに美波。

 この「問題のない私たち」とゆータイトルですが、最初は「問題だらけやん!」とツッコミしたくなるところですが、見てゆくうちに、このタイトルの絶妙さに「あ~なるほど」と納得させられてしまう。いじめのターゲットが次々と変わるあたりは、「ライフ」とまる被りですが、いじめ=問題かと思ったのですが、そーじゃないんだと。

 つまり、フツーの人間関係が築けないことが「問題」であって、築けないことで「いじめ」が生まれる。澪は、気弱なマリアに対して「不快感」を感じ、いじめることで発散する。転校生の麻綺は、澪に負けず劣らず「攻撃性」を秘めながらも、カリスマ性で一気にクラスメイトを掌握。澪とマリアの関係に「問題」が解決されることで、麻綺は新たな行動に。

 即時行動な澪や麻綺に対して、存在感の薄いマリアですが、彼女こそ実は誰にも流されない信念の持ち主なんだと気付かされてゆく展開。澪は、いじめの苦しみをマリアと分かち合うことで、「いじめ」をする立場からされる立場になり、ターゲットが変わったことで第三者としての目線を持つことで、「いじめ」の空しさを知る。

 ただ、澪がそこまで出来た人間になるには、マリアの存在が不可欠。道を誤ろうとする澪に対して、そっと押しつけがましくない程度に「補正」することで、澪の行動は、あくまでも「自主的」に正しい人間関係を構築するよーになってゆき、クラスは大きな山をひとつ越えたよーに思えた…

 人と人が付き合う上で「問題」がないなんてことはなく、「問題」が起きた時の解決方法を知っているかどーか。解決方法が両者とも分からないから「いじめ」が生まれる。解決方法が分かっていても、問題が大きくなってゆくとそれを知っていても口に出す勇気がない。マリアは、少なくとも解決方法を知っていた。ただ、それを自分の口で言い出すことが出来ず、澪が同じ立場になったことで、彼女の行動で「解決方法」を周囲に見せた。

 澪の家庭環境は、父子家庭。父親は、再婚のことばかりに頭がいっぱいで、娘を見てない。クラスメイトとの問題が解決した澪を待っていたのは、そんな父親の再婚と教師の万引き行為。ここでもまたライフとカブる部分は、あるのですが、かと言って「一緒じゃん」とゆーワケではない。(勝村政信が両作品に出演しているのは、偶然なのか、狙ってのことなのか…)

 教師は、万引きを見られたことで、澪への風当たりを強くし、澪がマリアにしていた「いじめ」行為を掘り返す。これによって、生徒vs教師とゆー構図へと発展してゆくワケですが、澪(とマリア)がこの問題をいかに解決したのかは、どーかこの作品を見て下さい。まー現実的にそれだけで全てが丸く収まるかどーか分かりませんが、少なくともヒントは、あるんじゃないでしょーか。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/126-f0c5ac0f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。