上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今年は、総合ランキングをやろーかどーか、悩んでました。正直、下半期はペース ダウンが激しくて、チェックしたい映画をかなり逃したのも痛手でした。それでも、チェック出来た範囲で「TOP10」を決めることにしてみました。

 まずは、今年観賞した作品

 『ラッキーナンバー7』
 『モンスターハウス』
 『それでもボクはやってない』
 『マリー・アントワネット』
 『どろろ』
 『幸福な食卓』
 『世界最速のインディアン』
 『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』
 『ドリームガールズ』
 『さくらん』
 『叫(さけび)』
 『パフューム ある人殺しの物語』
 『ハッピーフィート』
 『ナイトミュージアム』
 『アンフェア the movie』
 『蟲師』
 『大帝の剣』
 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(未記事)
 『ハンニバル ライジング』(未記事)
 『バベル』(未記事)
 『スパイダーマン3』
 『初雪の恋 ヴァージン・スノー』
 『リーピング』
 『パッチギ! LOVE&PEACE』
 『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』
 『大日本人』
 『300』
 『プレステージ』
 『舞妓Haaaan!!!』
 『ゾディアック』
 『キサラギ』
 『図鑑に載ってない虫』
 『ダイハード4.0』
 『シュレック3』
 『転校生 さよならあなた』
 『アドレナリン』
 『西遊記』
 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
 『夕凪の街 桜の国』
 『河童のクゥと夏休み』
 『トランスフォーマー』
 『恋するマドリ』
 『遠くの空に消えた』
 『呪怨パンデミック』
 『ワルボロ』
 『サッドヴァケイション』
 『ファンタスティック4 銀河の危機』
 『クローズド・ノート』
 『クワイエットルームにようこそ』
 『バイオハザードⅢ』
 『恋空』
 『転々』
 『アイ アム レジェンド』
 『魍魎の匣』(未記事)
 『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』

 

計55作品

 第10位『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』

 ある意味で「お祭り映画」と捉えれば、やはりスクリーンでエイリアンの暴れっぷりを拝めるのは、エイリアン好きとしては、たまりません♪


 第9位『300』

 独特な映像美と肉体を駆使した攻防戦の迫力は、圧巻!「アイム スパルタッ!」カッコ良かったですぞ!国の在り方と国を守る為の思いに「差」はあれど、300人の魂の咆哮にシビれました。


 第8位『転々』

  三木聡監督による東京お散歩映画。監督ならではの感性を散りばめながらも、人の人の繋がりの暖かさ、日常に埋もれている「小ネタ」の使い方は絶妙。


 第7位『トランスフォーマー』

 お話的には「トップ10?」と疑問符が付きますが、やはり高速可変ロボットの見事さと迫力には、ヤラちゃいました♪続編作るなら、お話にも力を入れて欲しいところ。


 第6位『転校生 さよならあなた』

 オリジナル見ていたら、評価がどーなっていたのか気になるところですが、2組のカップルを通して描かれる「心と体」のお話は、見ていて清々しさと切なさを感じることが出来ました。ヒロインの娘、今後の活躍に期待大♪


 第5位『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』

 シリーズ完結編?壮大な世界観は、先細りすることなく見事に描かれていたかと。全てが全て、きっちり設定を活かしていたかどーか別として、愛すべき海賊ジャック・スパロウと仲間たちの航海がこれからも続くことを少しばかり願いたいです♪


 第4位『サッドヴァケイション』

 観に行く前は、それほど期待感もなかったですが「北九州三部作」と銘打たれた作品。三部作通して観ればより登場人物の心理がより見えてくる。人として「業」の深さ、殺伐とした中にもある人と人の繋がりの強さが描かれていて、とても印象的な映画でした。

 第4位『河童のクゥと夏休み』

 アニメ映画と侮っちゃいけません。この夏、一番泣いてしまった映画でした。王道的な「感動系」でありながら、メッセージ性の強さ、何より犬の「オッサン」には、ただただ泣かされっぱなし゚・(つД`)・゚人間の傲慢な行いが生み出した哀しいお話でもあり、そんな自分たちに対する警鐘を鳴らしているのかも。


 第3位『キサラギ』

 とにかく笑いと展開の絶妙さ、最小限の登場人物と限られた空間で繰り広げられる「密室劇」は、抱腹絶倒間違いなし!何気ないセリフが後々、意味を持ち、二転三転する「核心」に笑い(≧▽≦)(ブヒャヒャ! と驚愕Σ(゜口゜!!)しっ放し♪笑いに飢えている方は是非是非。


 第2位『パフューム ある人殺しの物語』

 哀しくも美しい「臭い」にまつわるお話。徹底された世界観の美しさと醜さ。「香水作り」に身を捧げるあまり、人間性すら失ってしまう主人公。感情を殺した演技がより「狂気」を際立たせてます。「究極の香水」の作り上げる主人公がその向こう側に見た「欠落」は、あまりにも哀しく、自分の存在を見出す唯一の方法だったんだと。


 第1位『世界最速のインディアン』

 あえて多くは、語りません。とにかく「素晴らしい!」の一言に集約されると思います。「夢」に対する不屈の魂と実行力!!間違いなく今年最高の作品です。

 

 まーこんな感じです。今年、下半期がペースダウンしちゃったので、チェック予定作品をかなり吹っ飛ばしてしまいました。来年は、もうちょっと安定した映画観賞をキープしたいところですがwランキング以外では、松本人志第1回監督作品「大日本人」も展開の「妙」と、最後のオチは、お笑いとして「称賛」でした。今年大ブレイクしたガッキーの作品も3本観ましたが、個人的に「恋空」はどーしても泣けなかったです。それと…記事にすることすら出来なかった「匣」_| ̄|○「そもそも期待する方が間違っているんじゃない?」とか「原作は原作、映画は映画」とゆーよーな「割り切り」も出来ませんでした。各ブログでは、評価も上々のようですが、「匣」だけは原作に対する「思いの強さ」が妥協を許しませんでした。

 え?毎年恒例のワースト3ですか?やりますか?やっちゃいますか?どーしよ。上の話は振りか!?いや、でも、まーそれはそれは、これはこれってーことで、ワースト3をドドーンと発表!

 

 ワースト1位『アドレナリン』

 下品!以上!!

 
 ワースト2位『アンフェア the movie』

 連ドラ時の面白さは、何処へ行ったのやら…。ガッカリでつよ_| ̄|○


 ワースト3位『西遊記』

 こんなんがCX夏の大作とは┐(゜~゜)┌何が「絶対妖怪」だよ。春は「アンフェア」でコケて、夏は「西遊記」でコケて、どーなってるのよ、CX!?来年の「ガリレオ」は、どーか期待させて下さいよ。


 ※「匣」に関しては、記事にすらしてないので、評価していないと判断して「ワースト入り」すらも出来ません。つまりは、土俵にすら立ってないのですから…

 

 とゆーワケで、「何書☆ねくすと」を1年やってきましたが、「何を書くんだろー」の頃に比べると全体的に更新回数も減り、映画レビューを書くことだけに特化してしまった感じがしました。来年以降、どんな風になってゆくのか自分でも分かりませんが、細々と更新してゆきますのでどーぞよろしくお願いしますm(_ _)m

 それでは、みなさん、良いお年を~(‘ー‘)/~~

 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/123-ae6e06af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。