上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイズ変更AVP2プログラム

 評価:◎         ニンマリ度:65%

 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)

 『あらすじ』

 南極で繰り広げられたエイリアンとプレデターの人間を巻き込んだ戦いは、辛くもプレデター(と人間)の勝利に終わったかのよーに思えた。しかし、プレデターの宇宙船に回収された遺体の中には、フェイスハガーによってチェストバスターが植え付けられていた。そして、遺体の胸を突き破る新種「プレデリアン」は、驚異的な速度で宇宙船内のプレデターを駆逐する。

 プレデリアンの覚醒によって、コントロールを失った宇宙船は、コロラド州の田舎町近郊の森へと墜落。仲間の宇宙船墜落を知った1匹のプレデターは、新種「プレデリアン」を抹殺するために地球へと向かうことに。一方、宇宙船の落ちた町では、さっそく犠牲者。町の住人は忍び寄る恐怖に怯えることとなる。

 『感想』

 思えば3年前の年末最後の劇場観賞が「AVP」でしたが、まさかまたもやコレが今年最後の劇場作品になるとはw「エイリアン」と付けば、とりあず「酷評」されていてもチェックしてしまう。そんな、たましょくにとって「AVP」の続編は、かなり嬉しかったです♪

 前回の最後のシーンから始まる今作。で、思ったのが…「宇宙船、墜落早ッΣ(゜口゜!!)」あの宇宙船の中にプレデターけっこーいたと思うのですが、かなり油断していたのかあっと言う間でした。墜落で瀕死になったプレデターがお得意のアレをしよーとするも、残念な結果にw

 正直、序盤は退屈。町の人間のほぼどーでもいいドラマとかね。徐々に人間が淘汰されてゆく様は、面白いんですが。「プレデリアン」を追うプレデターさん、けっこー装備もキッチリしていて、痕跡を残さないよーに「なんでも溶解液」を装備(なのに、狩りの時は、きっちり吊してしまう律儀さw)

 やっとのことで、エイリアン(ズ)とプレデターが鉢合わせになってドンパチが激しくなっていき、それに伴い人間たちも危機感が増幅。つか、宇宙生物のケンカに巻き込まれている感じですがね。見ていて、あちらこちらに「エイリアン(2)」へのオマージュ(パクり?)があって、思わずニンマリしちゃいました。

 例えば、州軍が町にやってきたところで、エイリアンズの襲撃。あのパニくり方は、やっぱ「2」のあのシーン(しかも、雨が降っているとゆーのもポイント高い)装甲車で避難したりね~。それと、けっこー描写が容赦ない。●供だって、妊●だって「プレデリアン」にとっては、「そんな関係ねぇ~」と言わんばかりに…

 観ていて、けっこー「エイリアン」と似ている部分に気付く一方で、人間たちの行動では、「なるほど」と感じる部分も。「エイリアン2」では、リプリーと宇宙海兵隊の間に「溝」があり、宇宙海兵隊も一枚岩じゃない様子が描かれていたりするのですが、今作の登場人物は比較的「最初」から協力的なんですが、後半で迫られる「ある選択」で、行動を別々に。あと、前作が「エイリアンVSプレデター」だったのに、今回は「エイリアンズVSプレデター」になっているのも、エイリアンの「1」が「エイリアン」だったのに「2」では原題が「エイリアンズ」にだったことに対するオマージュなのかも。

 で、気になる新種「プレデリアン」ですが、強いっちゃ強いのかもしれませんがイマイチ個性が発揮出来てませんwなんか、他のエイリアンを兵隊のよーに扱っているので、カリスマ性があるんだと思ったら、途中である行動を。それを観て「あぁ、なるほど」と。そんなプレデリアンを狩りに着たプレデター、宇宙船からダイブして、そのまま大気圏突入Σ(゜口゜!!)さぞ強いのかと思ったら、射撃の腕は、そんなに高くないw

 ほぼ戦いが夜になってからなので、エイリアンもプレデターもプレデリアンもその全容をしっかり確認出来るシーンは、ほぼないです(ヲイ)エイリアンが跋扈する町の建物内が気付けば、往年の「エイリアンの巣」状態になってたりするのも見所ですかね。(個人的にレストランのシーンでドアを押しのけて厨房に入ってくるエイリアンの姿が場違い過ぎて笑ってしまった←笑うシーンじゃないのにw) 

 終盤も「エイリアン2」的演出w●●●●●ーで脱出するシーン、男性と女性と子供ってーのも共通しているし。どーせなら、あの爆発のあとにもうひと波乱あって欲しかったケドw単に人間を襲うエイリアンとプレデリアンに対して、プレデターは「一定」の条件でしか人間を殺さないあたり、「野獣」と「狩人」の差を感じました。つか、最後の人って誰?(前作の生き残り?続編の可能性、大!?)

サイズ変更特典・AVP2

前売り特典:ブックマーカー
(「エイリアン」が欲しかったのに、「プレデター」でした_| ̄|○)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/122-e99c468e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。