上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070820202338.jpg


 評価:△       歌はイラネ!度:100%


 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)


 『あらすじ』


 インターナショナルスクールに通うアリソンは、クラスメイトの誘いで都内にある呪われた住宅へと足を踏み入れることに。クラスメイトのいたずらで押入に閉じこめられたアリソンは、そこで呪われた存在と出くわすことに。


 日本に渡った姉のカレンが入院していると母親から聞かされたオーブリーは、母に代わり姉を連れ戻すために日本へと向かう。久々に再会した姉妹だが姉は何かに怯え、会話も成立しない。帰ろうとするオーブリーだがある事件を追っているルポ・ライターに呼び止められることに。


 『感想』


 呪怨の劇場1作目(邦画の方)を評価で現すと『★』なので、やはりちょっと厳し目な感じに。観に行く前に「吹き替えだけは絶対観ない方がいいですよ」とゆー助言があったので、ちゃんと字幕版で観賞。I LOVE 伽椰子なたましょくとしては、彼女が今度は何をヤラかしてくれるのかワクワクしてましたが…


 ハリ版の前作の主人公・カレンの妹を主軸に、インターナショナルスクールの学生3人が興味本位であの家に立ち入ることで伽椰子様お目覚め♪んーやはり、恐怖も慣れてきてしまうんでしょーかねぇ~。邦画の1作目の時は、本当に怖くて、その日は眠れなかったぐらいだったのに、劇場作品も4本目となると「恐怖の鮮度」も…


 カレンの妹のオーブリー。姉ちゃんほど派手な顔立ちではないですが、なかなかシンプルな感じでたましょくは好きです(え?そーゆー感想なの?)なんか、藤澤恵麻(ラブ☆コンの娘)にちょっと似ているよーな(だから、そーゆー感想かよ!)


 んー基本的に今回、我らがアイドル!?伽椰子様が登場したシーンで(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルするところは、なかったかなぁ~。あ!でも、すっっっごい萌えるシーンあった!あんな上目遣いで両手をチョコンと出していたら、こっちから抱きつきたくなるよー(もぉ、いい。好きに書いてくれ)えぇ、パツキンねーちゃんのシャワーシーンの10倍は萌える!(逝け!逝け!)


 そーだなぁ~シリーズ通して観ている人間にとっちゃ、「新聞紙の隙間から目」とか「いないいないばぁ~」とかは、嬉しい演出かも(あのおじいちゃん見るだけ癒されるw)あと、シリーズ1作目の仏壇引き込みありましたが、今回は鏡(てっきり、伊東美咲と同じく布団引き込みかとも思ったのですが)


 で!なんとも嬉しい人が出てましたよ!ちょっとホラー映画に出てくれるとは思ってもみなかったので、顔見た瞬間にニヤケてしまいましたw出番少ないケド、なかなか重要?な役です。ヒントは「シャーマン?いや、エクソシスト…かな」。連ドラで最近お顔を拝見してないのが寂しい(もぉ、呪怨の感想じゃねーな)


 あ、はいはい。カレンが生かされていたのは、次の獲物(妹)を釣るための餌。ただ、カレンが病院内を逃げ惑うところ、途中からパラレルワールドみたいな演出になっているのはどーかと。イーソンが目を落とした時にカレンの後に寄り添っていたのは、伽椰子っぽくって良かったかな。


 3人娘の方ですが、まったくオーブリーと絡みがないのがちょっと寂しい。せめて、アリソンとオーブリーに少しでも絡みがあればなぁ~。イーソンも意味ありげな存在でありながら、以外と肩透かしな印象。


 で、今回は日本だけではなくアメリカにも伽椰子様が渡米。そこでも色々とやってくれるのですが、男の子の姉ちゃんの友達が憑かれるのは、唐突とゆーかそれほど必要性を感じない。冒頭の「フライパンでバーン」はインパクトありましたがw


 今回は、伽椰子のある過去が語られるのですが…正直、後付感たっぷりで個人的にはそーゆー設定いらなかったよ!と。あの日記だって、伽椰子様が妄想恋愛日記としてつけていたからこそ「怖ぇ~」と思うのであって、あんな幼少期からずーとってね…


 しかも、もっと突っ込ませて頂戴!ハリ版の1作目も出演者の日本人はみんな日本語で話して(必要に応じて英語話す時もあるケド)きたのに、なんで伽椰子の母親、あんなに英語が堪能なのよ!あんな人里離れた山奥に籠もっていて、いきなり外国人が訪ねてきて、ペラペラと英語で会話出来るかよ!(ま、あそこで伽椰子の母親が日本語オンリーだと、話し進まない?)


 ここで、伽椰子の母親出したことで、お話的に「リング」に近づいてしまったよーな印象。えぇ、山村静子と貞子の関係みたいな。ま、でも母親かなり言い訳してましたね「ありゃ、自分であーなった」みたいな。それにしたって、自分の娘にあんなことするのはどーかと…w


 残念な点として、あの俊雄の甲高い「トシオ」とゆーセリフがなかったのは、寂しい。あの、アパートのドン、ドンとゆー音も俊雄が死体を揺らして壁にぶつけている方が良かった。シャワーのシーンも黒髪が抜け落ちる演出より、シリーズ1作目の「手」の方が(同じことやっても飽きられてしまうケドね)


 正直な意見として、「呪怨」も「リング」や「富江」みたいに本質的な怖さよりも話題作りのシリーズ化されて、伽椰子の怖さは広がれば広がるほど「薄く」なり、やがてはどんなに強い怨念もパワーダウンしてしまうのか。伽椰子ならもっとやってくれると思うんだケドなぁ~。


 終盤で、オーブリーは母親に別れの電話をして、あの家に行ったのは「終わらす=自己犠牲」とゆーことで良かったのかな?つまり、ここでやっとあえて3人娘と「絡み」がなかったことが活かされる。オーブリーは自分が死ねば、伽椰子が外の世界に出ることはないと思っていたケド、彼女の知らないところで恐怖の感染は、海をも越えていたと(まージェイソンが宇宙に行ってしまうぐらいだから、伽椰子が海渡ったって、不思議じゃないw)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tamasyoku.blog84.fc2.com/tb.php/111-740accf8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。